常願寺川水系小口川 小俣ダム湖      2020/05/28 更新
   
 富山県富山市才覚地にある小俣ダムは常願寺川の支流小口川にある北陸電力の発電用重力式コンクリートダムダム湖の最大貯水量は761,
000m
3、有効貯水量は587,000m3と小さく水路式発電所の取水ダム。発電は小俣水力発電所で認可出力32,700kWの発電を行って
いる。取水口には小俣ダム水力発電所で認可出力3,200kWが設けられている。
 小俣ダム水力発電所は小俣水力発電所へ送水する水圧を弱めるための特殊な発電所で建屋が堰堤より上流側の取水口の上にある
小俣水力発
電所で使用した水は常願寺川第一水力発電所認可出力11,400kWに送られる。 堰堤下流には中地山水力発電所認可出力2,400kWがある
この発電所は和田川の亀谷水力発電所認可出力9,900kWの前の取水堰から導水している水路式発電所で建屋は登録有形文化財に指定されて
いる。
 ダム湖には認可出力73,500kWの新中地山水力発電所の放流水が流れ込んでいる。 新中地山水力発電所の建屋内に小口川第一水力発電所
も併設されている。
小口川上流には有峰第三発電所認可出力20,000kWの放流水も流れ込んでいる。
 堰堤天端は道路になっており車も通れる。ダムは県道43号線を少し入った所にあり容易に到達できる。県道からの入口に中地山水力発電所
がある。
 富山から小俣ダムへ向かう県道43号線の途中に最近改築工事が完成した横江堰堤がある
堰堤高14.1mでダムには該当しないので、この
ページで紹介する。横江堰堤は横江頭首工が正式名称で戦前にできた砂防ダムが最初で、後に潅漑用水の取水を兼ねた物に造り替えられた。老
朽化したため、改築工事が行われ2008年に竣工した。
 約5km先の有峰林道小見線料金所手前の亀谷温泉に日帰り入浴がでる
白樺ハイツがある入浴時間は10時から21時までで大人6200円
小学生320円となっている。宿泊も可能で私が行った時は牛肉の朴葉味噌焼が美味しかった。


中流部のダム湖

堰堤天端から左岸

堰堤天端から新中地山発電所

上流側から新中地山発電所

ダム湖の上流部

上流側からダム湖

小俣ダム発電所取水口

新中地山発電所の導水管

右岸から左岸     新中地山発電所・
小俣ダム発電所・堰堤

左岸から小俣ダム堰堤

左岸から横江頭首工

左岸から横江頭首工

小俣ダム発電所側からダム湖

堰堤天端から放水路

新中地山発電所

下流から新中地山発電所

上流から新中地山発電所

小俣ダム発電所

県道43号線沿いの中地山発電所

有峰第三発電所

亀谷温泉 白樺ハイツ

洪水吐クレストゲート2門

有峰林道への道路から堰堤天端

堰堤天端から放水路

右岸から堰堤天端

取水口上の機械

堰堤天端から見張り所

堰堤天端のゲート開閉機

見張り所の流木処理施設

左岸から堰堤

小口川の水は発電所の水路
を流れる

堤水の流れない小口川

ダム管理用歩道、
もちろん立入禁止

小俣ダム水力発電所の送電設備

細い管が小口川第一水力発電所

有峰第三発電所稼働中の上流部

ダム湖上流部

左岸から取水口

左岸から横江頭首工

堰堤天端  農作業用軽トラは通行可

堰堤天端から下流側

左岸から横江頭首工

岸から取水口

左岸の説明板の全体図

改修前の横江頭首工