2003年7月19日京福電気鉄道越前線を引き継いだ第3セクター鉄道のえちぜん鉄道が開業した。今回開通した区
間は勝山永平寺線では福井−永平寺口間、三国芦原線では福井−西長田間で、勝山永平寺線は10月5日、三国芦原線は
三国花火大会が行なわれる8月10日に全線開通する。
 開業時の各車両には若い女性のアテンダントが乗り込み乗客のエスコートや乗車券の販売を行なっていた。車両には赤
色のアテンダントのサボが取り付けられている。多分ワンマンのサボもあるのだろう。
 有人駅には新しい端末が導入され、乗車券はラベルプリンターで印刷したものが使用されている。各駅では制服姿の女
性駅員が目に付いた。全国各地のローカル鉄道で進んでいる無人化に対して、えちぜん鉄道は人と人のふれあいを大切に
しようと試みている。
 運行車両は京福電鉄から引き継いだ車両が使用されている。開業当日本線上ではモハ2201形、モハ2101形、モ
ハ5001形を確認した。塗装は全車、白、青、黄色のえちぜん鉄道色に塗り替えられている。座席のモケットはすべて
取り替えられ普通席は青色、優先席は黄色で、えちぜん鉄道の社章入りとなっている。モハ2101形は安全対策からす
べて2両編成で運行されている。なおモハ2101形には非冷房の車両がありサービスの格差がある。この後全線開業に
向けて愛知環状鉄道の車両も入線することになっている。
 当日は田原町−福井口−永平寺口−福井口−福井を乗車した。田原町−福井口間はモハ2203単行で満席状態でアテ
ンダントが2人乗っていた。福井口−永平寺口間はモハ5001単行でカメラを持った多くの鉄道ファンが目立った。
 遠く青森から来た人もいた。また孫を電車に乗せるために来た人も沢山見かけた。永平寺口−福井口間はモハ2204
単行で冷房がよく効いていた。福井口−福井間はモハ2101+モハ2102の2連で非冷房車だった。最初窓が全部閉
まっていたので簡易冷房装置を取り付けたのかと思ったが扇風機が回っていた。


photo01

photo02

photo03


photo01:部分開業終点の永平寺口駅で到着したMC5001をホームで撮影する鉄道ファン
photo02:
永平寺口で折り返し運転のためポイントを切り替えて乗り込む運転士
photo03:
えちぜん鉄道に引き継がれず解体されることになり永平寺口に集められたモハ3001形


photo04

photo05

photo06


photo04:部分開業だったため各車両に乗っていたアテンダント、後に1列車1人乗務
photo05:
すべて張り替えられたモケット、金色はシルバーシート一般席は青
photo06:
モケットにはえちぜん鉄道の社章が入っている


photo07

photo08

photo09


photo07:永平寺口−勝山間を結ぶ京福バスの電車代行バス。車両は東武バスからの転入車
photo08:「
えちぜん鉄道開業記念」の幕がかかる開業翌日の永平寺口駅
photo09:
改札口に乗客が並ぶ開業翌日の福井駅


photo10

photo11

photo12


photo10:駅舎前に沢山の自転車が並ぶ開業翌日の福井口駅
photo11:
安全第一各駅に取り付けられたATS地上子
photo12:福井口のえちぜん鉄道本社に日章旗、安全旗と共にはためくえちぜん鉄道社旗


photo13

photo14

photo15


photo13:えちぜん鉄道開通記念乗車券初乗り運賃は150円
photo14:
休日のみ使用の1日フリー乗車券大人800円 小人400円
photo15:
乗車当日は1日フリー乗車券を使用したが写真撮影と記念のために購入した普通乗車券

記念乗車券は沿線各市町村の12枚が発行され、すでに完売の駅もあった。写真は三国町と永平寺町のもので後日
えちぜん鉄道から郵送で購入した物。

 後日聞いた話では、えちぜん鉄道がアテンダントを導入したのは京福電鉄社員の接客態度があまりにも悪く乗客
の反感をかっていたためということだった。また、有人駅に女性駅員が配置されたのも同様の理由からで運行業務
のある福井駅や、福井口駅を除いて女性駅員が配置されている。
 富山地方鉄道の有人駅では地鉄OBを配置しているため接客態度が悪いと今も反感をかっている。社員教育の成
果か現役社員の接客態度は良くなったのに残念。