2003年7月19日京福電気鉄道越前線を引き継いだ第3セクター鉄道のえちぜん鉄道が開業した。今回開通した区間は勝山
永平寺線では福井−永平寺口間、三国芦原線では福井−西長田間で、勝山永平寺線は10月5日、三国芦原線は三国花火大会が行
なわれる8月10日に全線開通する。
 開業時の各車両には若い女性のアテンダントが乗り込み乗客のエスコートや乗車券の販売を行なっていた。車両には赤色のアテ
ンダントのサボが取り付けられている。多分ワンマンのサボもあるのだろう。
 有人駅には新しい端末が導入され、乗車券はラベルプリンターで印刷したものが使用されている。各駅では制服姿の女性駅員が
目に付いた。全国各地のローカル鉄道で進んでいる無人化に対して、えちぜん鉄道は人と人のふれあいを大切にしようと試みてい
る。
 運行車両は京福電鉄から引き継いだ車両が使用されている。開業当日本線上ではMC2201形、MC2101形、MC500
1形を確認した。塗装は全車、白、青、黄色のえちぜん鉄道色に塗り替えられている。座席のモケットはすべて取り替えられ普通
席は青色、優先席は黄色で、えちぜん鉄道の社章入りとなっている。MC2101形は安全対策からすべて2両編成で運行されて
いる。なおMC2101形には非冷房の車両がありサービスの格差がある。この後全線開業に向けて愛知環状鉄道の車両も入線す
ることになっている。
 当日は田原町−福井口−永平寺口−福井口−福井を乗車した。田原町−福井口間はMC2203単行で満席状態でアテンダント
が2人乗っていた。福井口−永平寺口間はMC5001単行でカメラを持った多くの鉄道ファンが目立った。
 遠く青森から来た人もいた。また孫を電車に乗せるために来た人も沢山見かけた。永平寺口−福井口間はMC2204単行で冷
房がよく効いていた。福井口−福井間はMC2101+MC2102の2連で非冷房車だった。最初窓が全部閉まっていたので簡
易冷房装置を取り付けたのかと思ったが扇風機が回っていた。


PHOTO01

PHOTO02

PHOTO03
PHOTO01部分開業終点の永平寺口駅で到着したMC5001をホームで撮影する鉄道ファン
PHOTO02永平寺口で折り返し運転のためポイントを切り替えて乗り込む運転士
PHOTO03えちぜん鉄道に引き継がれず解体されることになり永平寺口に集められたモハ3001形

PHOTO04

PHOTO05

PHOTO06
PHOTO04部分開業だったため各車両に乗っていたアテンダント、後に1列車1人乗務
PHOTO05すべて張り替えられたモケット、金色はシルバーシート一般席は青
PHOTO06モケットにはえちぜん鉄道の社章が入っている

PHOTO07

PHOTO08

PHOTO09
PHOTO07部駅舎側から停車中のMC2204福井行き
PHOTO08MC2204ドア上の路線図
PHOTO09モホームからMC2204福井行き

PHOTO10

PHOTO11

PHOTO12
PHOTO10永平寺口−勝山間を結ぶ京福バスの電車代行バス。車両は東武バスからの転入車
PHOTO11:「えちぜん鉄道開業記念」の幕がかかる開業翌日の永平寺口駅
PHOTO12改札口に乗客が並ぶ開業翌日の福井駅

PHOTO13

PHOTO14

PHOTO15
PHOTO13田原町駅を発車したMC2116+MC2113の非冷房車西長田行き
PHOTO14幕福井口駅を発車したMC2203西長田発福井行き
PHOTO15改福井口駅を発車したMC2204永平寺口発福井行きとMC2203西長田行き

PHOTO16

PHOTO17

PHOTO18
PHOTO16駅舎前に沢山の自転車が並ぶ開業翌日の福井口駅
PHOTO17安全第一各駅に取り付けられたATS地上子
PHOTO18福井口のえちぜん鉄道本社に日章旗、安全旗と共にはためくえちぜん鉄道社旗

PHOTO19

PHOTO20

PHOTO21
PHOTO19えちぜん鉄道開通記念乗車券初乗り運賃は150円
PHOTO20休日のみ使用の1日フリー乗車券大人800円 小人400円
PHOTO21乗車当日は1日フリー乗車券を使用したが写真撮影と記念のために購入した普通乗車券

記念乗車券は沿線各市町村の12枚が発行され、すでに完売の駅もあった。写真は三国町と永平寺町のもので後日えちぜん鉄道
から郵送で購入した物。

 後日聞いた話では、えちぜん鉄道がアテンダントを導入したのは京福電鉄社員の接客態度があまりにも悪く乗客の反感をかっ
ていたためということだった。また、有人駅に女性駅員が配置されたのも同様の理由からで運行業務のある福井駅や、福井口駅
を除いて女性駅員が配置されている。

 

2003/10/25

 えちぜん鉄道は10月19日に勝山まで全線開通した。三国芦原線は花火大会に間に合うように8月10日に全線開通していた
ので、全線乗車が可能になった。この日は私が所属する富山レールクラブの「鉄道展」の撤収作業があり行けなかったので10月
25日に行くことにしていた。今回は1人で行くので福井までJRの普通列車を利用することにした。
 小杉駅を8時36分発の528Mで出発した。この列車は泊発福井行きで結構ロングラン列車の部類にはいる。途中金沢と芦原
温泉で特急に追い越された。福井へは定刻の10時54分に到着。えちぜん鉄道ホームには11時ちょうど発の勝山行きMC50
01が停車している。福井駅の2番ホームにめったにお目にかかれない越美北線のキハ120形が停車していたのでそちらを撮影
することにした。越美北線列車は1日9往復しかないので今まで撮影したことはなかった。
 


MC5001勝山行き
 

MC5001勝山行きとMC2202三国港行き
 

福井駅切欠きホームの越美北線キハ120
 

 えちぜん鉄道福井駅の窓口で1日フリーきっぷを購入する。この切符は大人800円で休日に限りえちぜん鉄道全線乗り放題の
申し訳ないくらいお得な乗車券である。このきっぷ図柄は何種類かあり集めるのも楽しみなきっぷである。この日駅窓口で発売し
ているのとアテンダントが車内で発売しているのは図柄が異なっていた。
 ホームへ出ると三国港行きのMC2202が停車しており、後部入り口にアテンダントが立ち乗り込む乗客一人一人に挨拶をし
ている。11時10分発の三国芦原線323列車は福井駅を定刻通り発車した。福井口駅で勝山永平寺線の福井行き列車が遅れて
いるため、7分間停車。西別院で326列車、西春江で328列車と交換、あわら湯のまちで330列車と交換した。上り列車も
遅れているらしい。7分遅れの12時2分三国港駅到着。

 


MC2202 福井駅ホームは逆だった
 

MC2202車内
 

アテンダント
 

 三国港駅には団体客が大勢待っていた。車椅子の人も何人かいる。MC2202はすし詰め状態で定刻通り発車して行った。H
Pの北陸の駅シリーズのために写真を駅舎や駅周辺ので撮った。この日はえちぜん鉄道のスタンプラリーが行なわれており、親子
連れの乗客が多かった。
 三国港発12時27分着の325列車MC2204が4分遅れて到着し12時38分発の334列車として福井へ向かう。列車
無線から下り列車の遅れから、あわら湯まちでの交換が本荘交換に変更すると聞こえてきた。運転士が車内放送で「本荘行き違い
に変更します」と案内があった。
 327列車と交換する。西春江で329列車と交換する。西別院で331列車と交換する。13時23分福井口で勝山行きに乗
るため下車。三国から乗務していたアテンダントもここで降りた。
 


三国港駅を発車する324M列車
 

本荘で交換した327M列車
 

西別院で交換した331M列車
 

 福井口で勝山行きを待っていると先ほどまで勝山永平寺線を走っていた新鋭のMC6002が福井方向から回送で走ってきた。
福井方からは直接車庫へ入れないため、一旦2番線に入りスイッチバックして入庫して行った。
 福井口13時34分発の勝山行きはMC6001だった。MC6001形はえちぜん鉄道では唯一のクロスシート車でモケット
がすべて張り返られ新車のような感じがする。エアサスのおかげで揺れは少なく静かである。「この電車静か過ぎる」と子供の声
がする。後で判ったが1500V用モーターを600Vで使用しているのも影響している。
 永平寺口では半分くらいが下車し、永平寺へのバス乗り場へ向かう。途中の乗降は少なく、ほとんどが終点勝山まで乗車した。
下志比から比島まですべて無人駅だった。133列車は小舟渡通過列車である。小舟渡に停車する列車は保田、比島を通過するダ
イヤになっている。
 勝山駅14時26分到着。ホームには沢山の人が待っていた。三国港と異なり勝山での停車時間は短く3分である。ここでもH
P北陸の駅シリーズのために駅舎や駅周辺の写真を撮った。
 


列車を見送るアテンダント 
 

車庫へ回送のMC6002
 

勝山へ到着したMC6001
 

 勝山14時54分発の144列車はMC2101+MC2102の2両編成だったが、先の列車は満員だったがこの列車は乗客
が少なく勝山からの乗車は10人くらいだった。MC2101形はブレーキ構造から2両編成でないと運行許可が出ないらしい。
 アテンダントが途中の無人駅から乗った乗客に切符を発売して歩く。往復800円以上の区間の乗客には帰りも乗車するか尋ね
て、往復利用の場合はフリー乗車券を奨めている。MC2101+MC2102は台車がK−16からFS−107に交換されて
おり揺れは以前ほどではなかった。
 勝山永平寺線では越前新保、永平寺口、越前竹原で交換が行なわれる。福井15時48分着。JRのホームで越前そばを食べ、
363Mで小杉へ戻った。この列車は福井−小杉間124.7kmを2時間10分で結ぶ。評定速度は57.5kmで某線の特急列車よ
り速い。


勝山駅を発車したMC6001
 

勝山駅を発車したMC2101+MC2102
 

MC2102車内