2018/08/19 更新

 福井市内を流れる足羽川にかかる福井鉄道福武線の併用橋の幸橋が老朽化のため架け替えられることとなり2001年末より工
事が開始され、専用橋の仮橋が作られ、2002年10月13日から線路は仮橋に移設された。
  この時武生方面への片方向電停だった本町通り電停が廃止された。途中福井水害もあり、2007年12月にすべて完成し、4
車線の道路の中央をセンターポール方式の架線柱で複線の福井鉄道が走る。夜間、橋はライトアップされている。福井鉄道は20
07年12月16日仮橋から新橋に戻されダイヤ改正が行われた。
 ダイヤ改正は日昼の列車をすべて福井駅前−武生新間とし福井駅前−田原町間をシャトル便で結ぶようになった。シャトル便と
の乗り換えには乗換乗車券が発行された。
 
2010年3月の名鉄の福井鉄道から撤退したことによる上下分離のダイヤ改正でシャトル便は廃止された。
 後に橋を架け替えた富山県の神通川に架かる地鉄市内軌道線が走る富山大橋は旧橋を使用しながら隣に建設したため、工事が短
期間で終了したが、ここは旧橋を半分ずつ壊しながら工事をしたため6年間もかかってしまった。
 
  

2008/03/08

 橋は完成し仮鉄橋は完全に撤去されていた。橋の周囲では水害対策の護岸工事が行われている。橋からは水害で被害を受けた泉
橋の架け替え工事が見える。


公園口側から  
 

福井駅前側から   
 

福井駅前側の横断歩道から  
 

880形武生新行き 888+889
 

公園口側 仮鉄橋撤去後の歩道工事が行われている  
 
 

泉橋架替工事 奥は北陸本線足羽川橋梁  
 
 
2006/04/16

 車は上下線とも新橋を通るようになったが電車と歩行者は今も仮橋を通る。幸橋の架け替えは2008年完成予定となっており
完成後は4車線の道路の中央をセンターポール方式の架線柱で複線の福井鉄道が走る。夜間、橋はライトアップされる。
 


公園口電停から幸橋方向を見る。車は新しい橋を通っているが電車が  
信号待ちするのは同じ
  
 

LRT化された後だが低床車両はまだモ770形のみで高床車両が多く見
られた 仮歩道から
  
 

仮橋を渡るモハモハ82+クハ82
 
 

公園口側で信号待ちをするモハ82+クハ82
 
 
2003/03/02

 2002年10月13日から線路は仮橋に移された。歩道橋も仮橋となっており、カーブもきついので撮影には絶好の場所とな
っている。電車は仮橋に入る時と仮橋から出る時、道路を横切るので信号待ちがあり。橋を渡るのに時間がかかる。


ここで道路を横切るため信号待ちをする。モハ203-1モハ203-2
  
 

公園口方面から右へ大きくカーブする ここから先は車、歩行者とも 
進入禁止
  
 

公園口側から見た専用仮橋。右は歩道橋  
 

幸橋の本体工事。橋脚が1つ出来上がっている  
 

珍しくモハ141形が運用に入っていた   モハ141-1+モハ141-2
 

仮橋を渡る300形武生新行き モハ302-1モハ302-2  
 

仮橋を渡る200形武生新行き
モハ
203-1+モハ203-2

 
 

公園口側で信号待ちをする200形系武生新行き
モハ
203-1+モハ203-2
 
 
2001/04/08

 架け替え工事が始まる前の幸橋。橋の上流側と下流側に歩道橋があり、架け替え工事に際して福井鉄道の線路と上流側の歩道が
仮橋に移された。


幸橋を渡る200武生新行き  
 

歩道橋から幸橋  
 

桜と上流側の歩道橋  
 

幸橋の手前にあった本町通り電停と300形武生新行き