最終更新日:2018/06/10
最終取材日:2017/11/03

まっとう
路線:JR西日本北陸本線
野々市 ← 松任 → 加賀笠間
所在地:石川県白山市相木町1020

松任駅南口  

到着する521系福井行き

 松任駅は北陸本線が金沢まで開通した1898(明治31)年4月1日に開業した。駅北側にはJR金沢総合車両所 (旧国鉄松任工場)があり、
古くから鉄道の町として発展してきた。そのシンボルとして駅前にはD51822号機が展示保存されている。
 ホームは3面で1番線が福井方面、2番線が待避線、3番線が金沢方面となっている。3番線ホームから更に側線が何本か有り2本がJR金
沢総合車両所へ繋がっている
JR西日本の直営駅でみどりの窓口がある駅窓口の営業時間は4時55分〜22時30分までとなっている。
特急は金沢−大阪間を結ぶ「サンダーバード」と金沢−米原・名古屋間の「しらさぎ」の一部が停車する。
  松任駅は北陸新幹線が駅舎の上を通ることから、西金沢駅と共に橋上駅に改修されることになり、松任駅は一足早く2011年8月8日から
自由通路と橋上駅舎が供用開始された。
 松任の「圓八あんころ」は北陸地方では有名で、かつてはホームの立ち売りで「あんころー、あんころー」と言う声とともに売られていたが
松任で停車する特急列車も窓は開かず、停車時間も短いため、廃止となり現在は当駅や小松駅、金沢駅の売店で購入可能。また北陸自動車道の
パーキングエリア売店でも販売されている。
 駅の南北にはパークアンドライド用の駐車場が整備されている。駅前は白山市の代表駅にふさわしく整備されて立体駐車場と家族の送迎や切
符の購入するのに20分間無料の駅利用者駐車場が整備された。駅前にはタクシー乗り場があり、バス停は駅前の県道291号線にアルミとガ
ラス製の待合室が整備されている。
 白山市は松任市、美川町、鶴来町と白山山麓の5つの村が合併して2005年2月1日に誕生した。白山市の2018年4月30日の推計人
口は約113,354人で 北陸本線では松任、加賀笠間美川小舞子が白山市の駅となる。鶴来地区には北陸鉄道石川線が通っており曽谷
道法寺
井口小柳日御子鶴来中鶴来加賀一宮の8駅がある。
 駅前は白山市誕生により整備され、立体駐車場、千代女の里俳句館、市民工房「うるわし」白山市松任学習センター、白山市立松任博物館、
グランドホテル松任が新たに建てられた。以前から白山市松任市民会館、松任産業会館がある。駅と文化会館の間に「松任城址公園」がある。
松任城址公園は松任城本丸の跡だが公園内には、城の遺構は何も残っていない。縄張り図付の説明板と石碑が建てられている。松任城は、廃城
後は加賀藩の中出蔵が設けられていた。公園には桜と梅が植えられており、樹齢270年を超える欅の大木もある。
 千代女の里俳句館は「朝顔や釣瓶とられてもらひ水」の句が有名な江戸時代の俳人加賀の千代女の記念館で、千代女の直筆の掛軸等を展示し
ている。俳句館の前に晩年尼になった千代女の像が立っている。旧駅舎の前には句碑と井戸を模した物がありった。駅から約500mの所を東
西に通る県道190号線は千代尼通りと名付けられ、通りに面して、千代女ゆかりの聖興時がある。境内には千代女の記念館「遺芳館」があり
遺墨(朝顔の句)や網代笠、愛用の手文庫などの遺品が公開されている。また
千代の像を安置した庵の傍らに辞世の句「月も見て 我はこの世を
かしく哉」を刻んだ千代尼塚がある。
 駅の福井側に金剣道踏切がある
踏切名は渡った先にある金剣宮へ行く道という意味で、金剣宮は717(養老元)年に松任城主鏑木氏が社殿
を造営したと伝えられ、金剣道踏切に接して青銅製の鳥居がそびえ立っている。立派な社殿があり、神輿堂の天井画は、白山市指定文化財にな
ってる。境内には「手をうてば木魂に明る夏の月」の松尾芭蕉の句碑がある。毎年5月の連休と9月22、23日に祭礼が行われる。金剣道踏
切前から南北を結ぶ2車線の地下道が2015年3月10日に完成した。これにより、金剣道踏切は歩行者、自転車専用となった。


松任駅北口

加賀笠間駅側からホーム

JR西日本金沢総合車両所 仮台車に乗った521系

白山比盗_社拝殿

2、3番ホームから野々市駅方向

2、3番ホームから加賀笠間駅方向

1番ホーム駅名標

1番ホーム駅名標

2番ホーム駅名標

3番ホーム駅名標

1番ホーム階段の駅名標

1番ホーム柱用駅名標

2、3番ホームの列車案内表示機

2番ホームから1番ホーム

1番ホームから2番ホーム

3番ホーム

2、3番ホームのエレベーター

構内通路の案内板

構内通路から改札口 のりこし精算機

改札口

窓口と改札口

券売機

北口から自由通路南口方向

自由通路から野々市駅方向

自由通路から加賀笠間駅方向

駅前に展示保存のD51 822号機

市名となった霊峰白山

千代女ゆかりの聖興寺

2、3番ホームの待合室

1番ホームの待合室

構内通路のエレベーター

2、3番ホームへの階段

改札口付近から自由通路

駅のコンビニ7kiosk

南口から自由通路北口方向

自由通路南口エレベーター 

自由通路から南口駅前

自由通路から松任車両工場

自由通路から北口駅前

南口階段とエスカレーター

南口バスタクシーのりば

白山市コミュニティーバス

南口の短時間駐車場

駅利用車降車場

自由通路北口エレベーター

自由通路北口階段とエスカレータ

北口階段とエスカレーター 

北口エレベーター

JR松任駅北口

北口駅前短時間駐車場

北口タクシー乗り場

北口駐輪場

車両工場引き込み線の踏切

北口駅前駐車場

車両工場から松任駅

松任車両工場

駅前の千代女の里俳句館

俳句館前の千代尼像

ホームから駅前立体駐車場

南口駅前の市民工房「うるわし」

南口の松任産業会館

南口の白山市松任学習センター

南口の白山市立松任博物館

南口の白山市松任市民会館

南口の松任城址公園

松任城址公園前のバス停

南北連絡地下道北口

松任金剣宮社殿

旧駅舎 2004/08/21

旧駅前通り   2004/08/21

千代女の句碑と井戸   2004/08/21

停車中の413系福井行き 2004/08/21

EF81 501牽引貨物列車 2004/08/21

EF81 46牽引団体列車 2004/08/21

通過する特急しらさぎ60号米原行き

通過する特急サンダーバード24号大阪行き

通過する特急サンダーバード13号金沢行き

発車した521系630M小松行き

到着する521系333M金沢行き

発車した521系344M福井行き

到着する521系348M福井行き

通過する特急しらさぎ62号米原行き

停車中の521系646M小松行き