万葉線の沿革           2017/12/30 更新

 万葉線は高岡駅前−六渡寺間の軌道線と六渡寺−越ノ潟間の鉄道線に分けられるが歴史的にも2つに分けることができる。鉄道
線部分は、富山から北へ向かい四方(よかた)へ出て、富山湾沿いに西へ新湊までの軌道を敷設、沿線旅客および海産物、米穀等を
輸送する目的で1922(大正11)年12月26日に射水電気軌道鰍フ名称で軌道法に基づく免許を取得した。 1923(大正1
2)年2月に越中電気軌道鰍ニして創立
1924(大正13)年10月12日に富山北口−四方間6.1kmが開通した。
 1926(大正15)年7月21日には富山北口−聯隊橋間(聯隊橋は現富山大橋)と四方−打出浜間を延長聯隊橋では富山市電
(市営)に接続して郊外線的機能を伸ばし、打出浜には海水浴場を開いた
しかし業績は芳しくなく地方鉄道補助法の適用を受ける
べく1926年に軌道を鉄道に変更し
1927(昭和2)年2月をもって社名も越中鉄道鰍ニ改めた。1929(昭和4)年より打
出浜より西の延長工事が少しずつ開通していき、1933(昭和8)年12月25日に聯隊橋(新富山)−新伏木口(現:六渡寺)まで
19.9kmが全通した。その後
富山県西海岸の基幹交通として活躍してきた。
 一方軌道区間は戦時中、伏木・新湊方面への工場従業員輸送のために、富山地方鉄道の手によって着工されたが開通したのは戦
後の1948(昭和23)年となった。
この時開通したのは地鉄高岡−伏木港間7.3kmで高伏線と呼ばれていた。車輌は日立電鉄
などから四輪単車を譲り受け使用した。
 さらに1951(昭和26)年に湶町(現:広小路)−米島口間が複線化されると同時に、米島口−新湊間が開通し射水線と接続し
富山−高岡間が繋がった。その後、1959(昭和34)年4月に加越能鉄道が地鉄高岡−新湊間を譲り受けた。同時に地鉄高岡を
新高岡と改称し電停の位置を現在のウイングウイング高岡の向かい側に移動した。
 1966(昭和41)年、富山新港の築港のため、富山地方鉄道射水線の越ノ潟−堀岡間が切断されることになり、この間はフェ
リーで連絡する事になった。
高岡側に残る射水線の越ノ潟−新湊間4.9kmは加越能鉄道に譲渡され、新湊港線となった。
 昭和40年代後半になるとモータリゼーションの影響が大きくなり各地の地方鉄道・軌道が廃止されていった。
 高岡軌道線のうち、伏木線と呼んでいた米島口−伏木港間 2.9kmも1971(昭和46)年8月31日限りで廃止された。さら
に射水線は港口切断の影響もあって切断直後の1967(昭和42)年には一日の平均輸送人員が9600人であったが、1970
(昭和45)年には7500人となり営業係数も210となって、富山地方鉄道は射水線の廃止を決定したが、猛烈な反対運動が起
こり、国、富山県、富山市、新湊市の欠損補助を受け運行されたが、輸送人員が増えることもなく、遂に1980(昭和55)年3
月31日に廃止となった。
 加越能鉄道に残った区間も状況は同じであったが、国、県、高岡市、新湊市の欠損補助を受け、加越能鉄道の経営努力もあって
存続したが、2002(平成14)年3月31日をもって加越能鉄道は廃止となり、4月1日より第3セクターの万葉線株式会社に
経営が引き継がれた。

加越能鉄道万葉線


加越能鉄道へ譲渡 行き違い可能だった新高岡駅  1960
 

伏木港線の矢田電停で行き違うデ7053とデ5024
 

通勤通学時間帯4両編成で走る射水線電車
 

越ノ潟−堀岡間の射水線越の潟橋梁   
 

中新湊−越ノ潟は30分間隔  中新湊駅 1998/08/29
 

高岡駅前に停車中のデ7062越ノ潟行き   1998/10/03
 

越ノ潟駅 短いホームが使用されていた  1999/03/13
 

六渡寺駅で行き違うデ7061とデ7051  1999/04/11
 

七夕飾りの中を走る加越能電車とバス  1999/07/31
 

内川橋梁を渡るデ7075越の潟行き   2000/04/17
 

米島口を発車したデ7072高岡駅前行き   2000/10/07
 

庄川橋梁を渡るデ7061高岡駅前行き   2001/09/16
 

米島口に到着するデ7061高岡駅前行き   2002/03/02
 

2002/04/01から第3セクター万葉線(株)に引き継がれた