2017/12/30 更新


 加越能バスは高岡市を中心とした富山県西部に路線網があり、高岡市も含めて乗客が減少し続けている。砺波地方の散居村は有
名だが、散居村では隣の家まで100mくらい距離があり公共交通を利用しにくい環境になっている。
砺波、小矢部地方の農家の場合、成人(18歳以上)の数だけ自家用車があり、それプラス農耕用の軽トラックが必ずあるといった状
態で、路線バスは利用者減少から廃線になり自治体バスに転換されている。最も大きいバスターミナルは高岡駅前。路線バスの塗
装をよく変える会社が多い中、加越能バスは30年前からほとんど変わっていない。裾の青い帯は太くなっている。最近は緑色の
ノンステップバスが多くなっている。


1970    ショッピングセンター「いとはん・ユニー」があった

2016/12/21

 高齢者、交通移動困難者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律(交通バリアフリー法)が、2000年1
1月15日に施行されてから
乗合バス事業者が新たに導入するバスは、低床化等の移動円滑化基準に適合したものでなければなら
なくなり、加越能バスでも新車はすべてノンステップバスとなりグリーン系の塗装に変わった。積雪により移動円滑化基準に適合
する自動車では確実に運休回数が多くなる等の場合には、個々の車両について認定を受けることにより一部の基準について適用除
外とすることができるが、積雪などには在来車で対応できるため、適用除外車は導入されていない。大都市圏などの中古車を購入
する場合には摘要されない。大都市圏などの中古車も現在はほとんどノンステップ車両となっている。


日野自動車製の大型ノンステップバス  新高岡駅南口
 

大都市圏からの大型三菱製中古ノンステップバス    新高岡駅南口
 
高岡駅前バスターミナル

高岡駅前北口バスターミナル    
 

4番のりば氷見方面  
 

1番のりば富山地方鉄道バス10系統新高岡駅行き  
 

7番のりば世界遺産バス 五箇山・白川郷行き    
 

新高岡駅前バスターミナル

新高岡駅南口バスターミナル    
 

新高岡駅南口バスターミナル待合室    
 

停車中の高岡駅前行き  
 

発車した高岡駅前行き  
 
乗合バス 
  加越能バスの乗合バスはほとんどが中型バスで一般車とノンステップバスでは塗装が異なる。最近はノンステップ車の方が多くなっている。

最も多く導入されている日野自動車製の大型ノンステップバス   
 

三菱製小型ノンステップバス   
 

片原町交差点を通る非ノンステップバス  
 

元加越能鉄道の万葉線車両と新高岡駅行き  
 

あいの風とやま鉄道石動駅前   三菱大型ノンステップバス  
 

あいの風とやま鉄道石動駅前  日野大型ノンステップバス  
 

日野製中型ノンステップバス  志貴野中学校前
 

三菱製小型ノンステップバス  高岡駅南口
 

三菱製中型ノンステップバス  高岡駅前
 

日野製小型ノンステップバス  ポンチョ  高岡駅前
 

 病院通いや見舞いの老人利用が多い加越能バス。高岡市の旧市内にあって最も利用者の多い厚生連高岡病院はJR高岡駅前から
低料金の自前のバスを運行している。加越能バスも高岡駅から厚生連高岡病院まで同額の
100円となっている。現在はほとんどが
ノンステップバスで運行されているが、行き先表示LEDが判別しにくいため古い画像を使用。


砺波総合病院行き  JR砺波駅前   
 

厚生連高岡病院の有料送迎バス  末広町   
 

高岡済生会病院   
 

富山医科薬科大学病院   
 

社会保険伏木病院 西回り   
 

社会保険伏木病院 東回り   
 

砺波総合病院   
 

氷見市民病院   
 

高岡済生会病院   
 

富山大学付属病院   
 

高速バス

加越能バスの高速バスは3路線が運行されている。
@東京・池袋線
西武バス) ()は提携バス会社
A名古屋線
単独運行
B金沢
北陸鉄道バス
東京・池袋線は北陸新幹線金沢延伸後は地鉄東京線と一緒になり黒部までこまめに停車し黒部ICから北陸自動車道へ入る。富山以西発着便は氷見営業所発。
名古屋線は氷見番屋街発で、砺波まで一般道を走り、途中、高岡駅前、イオンモール口、戸出、砺波駅南にバス停がある。砺波I
Cより北陸自動車道、小矢部JCから東海北陸自動車道へ入る。
金沢線は本社のある職業安定所前が始発で、途中こまめに停車する。砺波ICより北陸自動車道へ入り、金沢東ICを出て金沢駅東口経由兼六園下行き。


金沢線 高岡駅前  
 

名古屋線 末広町電停前  
 

世界遺産バス
 北陸新幹線金沢延伸以前は1日4便の白川郷行きがあったが、以後は高岡IC−福光IC間は能越道−東海北陸自動車道を走り
城端駅前から乗降があれば各バス停に停車する。1日5便が観光バスタイプの車両で運行されている。新高岡駅に停車するが高岡
駅−新高岡間のみの乗車はできない。
 路線バスタイプの車両で城端駅前発白川郷行きが、平日1便、土・休日と盆・正月に4便運行されている。

城端別院善徳寺付近を走る高岡駅前行き  
 

城端駅前発白川郷行きと南砺市営バス  
 
わくライナー

 北陸新幹線新高岡駅の利用促進のため設定された路線で、観光バスタイプの車両で1日4便運行されている。高岡駅前始発で新
高岡駅経由高岡IC−氷見IC間能越道を走り、一般道を氷見番屋街、ひみ阿尾の浦温泉、岩井戸温泉経由で灘浦IC−七尾城山
IC間能越道を走り途中、七尾駅前、和倉温泉会館前経由和倉温泉(美湾荘付近)行き。


阿尾城跡から ひみ阿尾の浦温泉  
 

終点の和倉温泉バス停は美湾荘の左側  
 

氷見市コミュニティーバス

 加越能バスは2012年10月1日から氷見市の氷見市街地周遊バス
ひみ番屋街線の受託運行を開始した。氷見市街地周遊バ
スは観光客メインで氷見市民病院やショッピングセンターを結ぶ福祉バスも兼ねている。運賃は100円で、観光客にも気軽に利
用できる料金となっている。加越能鉄道は氷見市街地周遊バス運行開始に合わせて、併行区間の同社路線バスの運賃を190円・
200円を100円に値下げした。初乗り100円は高岡市内でも実施している。
 車両には、氷見市出身の漫画家藤子不二雄Aさんの「怪物くん」のキャラクターが描かれたラッピングバスが使用されている。
検修時は普通塗装の同型車が使用される。
 ラッピングは車両の内外に主人公の怪物くんと友達のヒロシ、お供のドラキュラ、オオカミ男、フランケンが勢ぞろいし、楽し
い雰囲気を伝えている。車内には、富山湾越しに見える立山連峰や氷見ブリ、藤子不二雄Aさんの生家である光禅寺など観光名所
や名物の写真も掲示されている。藤子不二雄Aさん生家光禅寺へは氷見中央バス停から徒歩2分。
 10月1日にオープンした「ひみ番屋街線」は東京方面から和倉温泉へ向かう途中にあり、観光バスの立ち寄りが多く、連日大
勢の観光客で賑わっている。富山地方鉄道は富山駅前から番屋街まで「ぶりかにバス」を運行している。


氷見市街地周遊バスひみ番屋街線」   JR氷見駅前  
 

氷見市街地周遊バスひみ番屋街線」   ひみ番屋街  
 

観光バス駐車場から「ひみ番屋街」  
 

ひみ番屋街内部  
 

藤子不二雄A氏の生家光禅寺山門  
 

藤子不二雄A氏の生家光禅寺本堂とキャラクターの石像  
 

加越能観光バス

加越能バスは約50台の貸切バスを保有する富山県内大手の観光バス事業者である。バスの塗装はグループ会社の富山地鉄観光バ
スと似ていたが、新たに導入されるものからデザインが異なっている。更に地鉄グループの観光バス運用効率化で、富山地方鉄道
や富山観光と同じデザインとなった。社名表記のみ異なる。


加越能観光独自塗装  富山駅北  
 

加越能観光独自塗装  富山駅前  
 

地鉄グループ共通塗装 富山地鉄観光  富山駅北  
 

旧塗装 末広町  
 

加越能バス本社

 
加越能バスは高岡市江尻にある。加越能バスの営業所は江尻本社の他に氷見自動車営業所、砺波自動車営業所がある。本社前に高岡公共
職業安定所(ハローワーク)があり、高速バス金沢線は公共職業安定所前が始発になっている。


加越能バス本社  
 

本社前の給油所 
 

左側に立山、中央に薬師岳が見える 車庫と氷見線の間で大規模宅地開発が行われている