JR西日本富山港線

JR西日本富山港線は北陸本線の富山駅と岩瀬浜を結ぶ8kmのの路線で、1924年7月23日に私鉄の富岩鉄道と
して開業した。その後富山地方鉄道富岩線となったが、沿線が工業地帯であったことから戦時下の1943年6月1
日に国有化された。1987年4月1日に国鉄民営化により現在の姿になった。全線単線で直流1500Vである。
行き違い可能駅は途中の城川原のみで終点の岩瀬浜も片面ホームである。JR西日本での営業は、2006年2月限
りで、富山ライトレールが開業するまではバスで代行運行される。富山発5時〜9時台の列車と16時13分、17
時52分、19時13分の列車は475系3両編成で運行されているが、それ以外はキハ120形単行で運行されて
いる。運行密度は1時間に1本であるが9時13分発は富山競輪開催日のみの運行で、開催日以外は2時間空く。沿
線は全線住宅地の中を走っており、富山ライトレールになって15分間隔の運行となれば、潜在需要はかなり有ると
思われる。
 富山港線は1度も乗ったことがなかったので、9月10日、初めて乗ることにした。富山11時12分発の113
5D岩瀬浜行きに乗った。車両はキハ120−346単行である。
  富山駅発車時の乗客は座席がほぼ埋まる30人くらいで途中駅からの乗客もポツポツとある。城川原駅で3分の1
くらいが下車した。岩瀬浜までは半数の15人くらいが乗り通した。城川原駅や岩瀬浜駅では来年2月でJRでの営
業廃止ということでカメラを構えるファンの姿が見られた。
 岩瀬浜駅前には1994年4月にオープンした
岩瀬カナル会館がある。会館内には、物産・情報コーナー、軽食喫
茶コーナーなどがある。物産コーナーでは、富山市の民芸品をはじめ工芸品が展示販売されており、また、その日の
うちにとれた「きときと」の魚も販売されている。2階のホールは300名ほど収容でき多彩な催し物に利用されて
いる。
 岩瀬浜で7分停車後1136Dで折り返す。停車ごとに整理券をお取りくださいというアナウンスが流れるが、整
理券を取る人は、ほとんどいない。各駅に自動券売機が設置されているためで、富山口から乗車した人は整理券を取
ったので、この駅には券売機設置されていないらしい。これで富山県内の旅客を扱う鉄道線にすべて乗ったことにな
った。


富山駅7番ホームの1135D キハ120−346

富山駅8番ホームの通学時間に使用される475系3連

終点の岩瀬浜駅に到着した1135D

終点の岩瀬浜駅

線路側から岩瀬カナル会館

運河側から岩瀬カナル会館

岩瀬浜駅舎

今回の富山港線乗車に使用したオレンジカード


 2006年2月28日JR西日本富山港線は最後の日を迎えた。朝から名残を惜しむ大勢の鉄道ファンが訪れ、列
車はすべて475系国鉄急行色3連を2編成使って運行された。最終列車となる時刻表では1157Dと1158D
は身動きできないくらいの超満員。なかには朝から何往復も乗っている人がいた。1157Dと1158Dに使用さ
れたのは、もちろん気動車ではなく475系3連で車両はA19編成でクモハ475−46+モハ475−46+ク
ハ455−60だった。


ホームで行われたラストラン出発式

時刻表では1157Dの1157M岩瀬浜行き最終列車

富山行き1158Mの車内

富山駅へ到着した1158M(1158D)

475系A16編成富山行きとA19編成岩瀬浜行き

城川原駅を発車した岩瀬浜行き 475系A19編成

駅名表示板