2003/11/29 更新

モジュール名 TPP1000.LIB   拡張子CPP用
       TCC1000.LIB   拡張子C用


インクルードファイル名 TPP1000.H  拡張子CPP用
            TCC1000.H  拡張子C用

[使用方法]
TPP1000.LIBをLIBパスのきってあるディレクトリーにコピーします。
TPP1000.Hをインクルードパスのきってあるディレクトリーにコピーします。

使用するプログラムに次の1行を追加します。
#include <TPP1000.H>

Makeファイル又はLinkファイルに TPP1000.LIBをリンクするように指定します。


<TPP1000>
  <PROG>
    TPP1000.C   ファイル操作関数ソースファイル
    TPP1000.H    ヘッダーファイル
    OS2COL.H
       OS/2互換色識別ヘッダーファイ


    CC.BAT     コンパイル用バッチファイル
    CCF.BAT    コンパイル用バッチファイル(状況ファイル出力)
  <OBJE>
    TPP1000.OBJ  中間ファイル
    TPP1000.LIB  生成されたライブラリファイル
    LM.BAT     ライブラリ作成バッチファイル
  <LIB>
    TPP1000.LIB  生成されたライブラリファイル



2003/11/29 LHA圧縮 File 44,624b TPP1000.LZH

2003/11/29 LHA圧縮 File 43,513b TCC1000.LZH

GetSizeX Win32s Windows98 Windows2000
説明  現在画面のXサイズを取得します。
書式  
INT  GetSizeX(HWND hwnd)
パラメータ
    hwnd (I) ウインドウ・ハンドル Handle of Window
戻り値 変換に成功するとXサイズを返します。失敗すると0を返します。
インクルードファイル TPP1000.H
例  SelectClipRgn(hdc,NULL);
   PatBlt(hdc,0,0,GetSizeX(hdc),GetSizeY(hdc),BLACKNESS);


GetSizeY Win32s Windows98 Windows2000
説明  現在画面のYサイズを取得します。
書式  
INT  GetSizeY(HWND hwnd)
パラメータ
    hwnd (I) ウインドウ・ハンドル Handle of Window
戻り値 変換に成功するとXサイズを返します。失敗すると0を返します。
インクルードファイル TPP1000.H
例  SelectClipRgn(hdc,NULL);
   PatBlt(hdc,0,0,GetSizeX(hdc),GetSizeY(hdc),BLACKNESS);


CrpCls  Win32s Windows98 Windows2000
説明   画面を消去して黒色にします。
書式  
VOID  GrpCls(HWND hwnd)
パラメータ
    hdc  (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例  GrpCls(hwnd);
   GrpLine(hdc,100,100,200,200,RGB(0,25,255),2);


GrpLine  Win32s Windows98 Windows2000
説明   線、箱を描きます。また、箱の中を塗り潰します。 OS/2互換関数
書式  
VOID  GrpLine(HDC hdc,INT iX1,INT iY1,INT iX2,INT iY2,INT iColor,INT iflag)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    iX1 (I) X座標始点(0〜1024)[dot]
    iY1 (I) Y座標始点(0〜 768)[dot]
    iX2 (I) X座標終点(0〜1024)[dot]
    iY2 (I) Y座標終点(0〜 768)[dot]
    iColor (I) 色 Color
      rgb_t型 3原色(rgb各0〜1)
      trgb_t型 24bit3原色(rgb各0〜255)
      INT型 色番号(0〜7〜15)
      COLORREF型 Windowsフルカラー表現値(RGB各0〜255)
    iFlag (I) 0:線 1:4角形 2:4角形塗り潰し
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例   GrpCls(hdc);
    GrpLine(hdc,100,100,200,200,RGB(0,25,255),2);


GrpLineEX  Win32s Windows98 Windows2000
説明  線、箱を描きます。また、箱の中を塗り潰します。GrpLineと異なるのは線の種類が
    指定できる事です。 OS/2互換関数
書式  
VOID  GrpLine(HDC hdc,INT iX1,INT iY1,INT iX2,INT iY2,INT iColor,INT iFlag,
               INT iWidth,INT iStyle)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    iX1 (I) X座標始点(0〜1024)[dot]
    iY1 (I) Y座標始点(0〜 768)[dot]
    iX2 (I) X座標終点(0〜1024)[dot]
    iY2 (I) Y座標終点(0〜 768)[dot]
    iColor (I) 色 Color
      rgb_t型 3原色(rgb各0〜1)
      trgb_t型 24bit3原色(rgb各0〜255)
      INT型 色番号(0〜7〜15)
      COLORREF型 Windowsフルカラー表現値(RGB各0〜255)
    iFlag (I) 0:線 1:4角形 2:4角形塗り潰し
    iWidth (I) 線幅(0,1〜)[dot]
      0を指定すると座標変換に関係なく、線の幅は常に1dot
    iStyle (I) PS_SOLID 線種
      PS_SOLID :実線 -------------
      PS_DASH :破線 - - - - - - -
      PS_DOT :点線 .............
      PS_DASHDOT :一点鎖線 _._._.__._._.
      PS_DASHDOTDOT:二点鎖線 _.._.._.._.._
      PS_NULL :不可視
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例   GrpCls(hdc);
    GrpLineEX(hdc,100,100,200,200,RGB(0,25,255),0,2,PS_DOT);


GrpCircle  Win32s Windows98 Windows2000
説明   円または楕円を描きます。
書式  
VOID  GrpCircle(HDC hdc,INT iXpt,INT iYpt,INT iRx,INT iRy,INT iColor,INT iBrush)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    iXpt (I) 中心x座標(0〜639〜)[dot]
    iYpt (I) 中心y座標(0〜399〜)[dot]
    iRx (I) 半径x(1〜)[dot] Radius-X
    iRy (I) 半径y(1〜)[dot] Radius-Y
    iColor (I) 色番号(0〜7〜15) Color
    iBrush (I) ブラシ指定 0:空ブラシ 1:色ブラシ
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例   GrpCls(hdc);
    GrpCircle(hdc,100,150,15,20,RGB(255,255,255),1)


GrpBox  Win32s Windows98 Windows2000
説明   丸角の長方形を描きます。
書式  
VOID  GrpBox(HDC hdc,INT iX1,INT iY1,INT iX2,INT iY2,INT iColor,
                 INT iRx,INT iRy,INT iFlag)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    iX1 (I) 開始X座標
    iY1 (I) 開始Y座標
    iX2 (I) 終了X座標
    iY2 (I) 終了Y座標
    iColor (I) 描画色
    iRx (I) 隅の丸め制御 横方向
    iRy (I) 隅の丸め制御 縦方向
    iFlag (I) 描画方法
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例   for (j=1; j<7; j++)
   {
    GrpBox(hdc,370,(INT)(540-j*26),420,
        (INT)(520-j*26),CLR_BLUE,2,2,1);
    work[1] = 0x37-j;
    GrpPrint(hdc,work,386,520-j*26,1.6,1.5,CLR_WHITE,FF_MODERN);
   }
   GrpBox(hdc,370,540,420,520,CLR_RED,2,2,1);
   GrpPrint(hdc,"F7",386,521,1.6,1.5,CLR_WHITE,FF_MODERN); 


GrpButton  Win32s Windows98 Windows2000
説明   凹凸に見えるような箱を描きます。また、箱の中を塗り潰します。
書式  
VOID  GrpLine(HDC hdc,INT iX1,INT iY1,INT iX2,INT iY2,INT iColor,INT iflag)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    iX1 (I) X座標始点(0〜1024)[dot]
    iY1 (I) Y座標始点(0〜 768)[dot]
    iX2 (I) X座標終点(0〜1024)[dot]
    iY2 (I) Y座標終点(0〜 768)[dot]
    iColor (I) 色 Color
      rgb_t型 3原色(rgb各0〜1)
      trgb_t型 24bit3原色(rgb各0〜255)
      INT型 色番号(0〜7〜15)
      COLORREF型 Windowsフルカラー表現値(RGB各0〜255)
    iFlag  形状
    

戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例  GrpButton(hdc,100,100,200,130,CLR_PALEGRAY,0);
   GrpSymbol(hdc,"0:",70,104,2.0,1.5,CLR_BLACK,
    300,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
   GrpButton(hdc,100,150,200,180,CLR_PALEGRAY,1);
   GrpSymbol(hdc,"1:",70,154,2.0,1.5,CLR_BLACK,
    300,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
   GrpButton(hdc,100,200,200,230,CLR_PALEGRAY,2);
   GrpSymbol(hdc,"2:",70,204,2.0,1.5,CLR_BLACK,
    300,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
   GrpButton(hdc,260,100,360,130,CLR_PALEGRAY,3);
   GrpSymbol(hdc,"3:",230,104,2.0,1.5,CLR_BLACK,
    300,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
   GrpButton(hdc,260,150,360,180,CLR_PALEGRAY,4);
   GrpSymbol(hdc,"4:",230,154,2.0,1.5,CLR_BLACK,
    300,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
   GrpButton(hdc,260,200,360,230,CLR_PALEGRAY,5);
   GrpSymbol(hdc,"5:",230,204,2.0,1.5,CLR_BLACK,
    300,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
   上記の形状を表示する


GrpPaint  Win32s Windows98 Windows2000
説明  実線で閉ざされた図形の内部を指定した色で塗り潰します。
書式  
VOID  GrpPaint(HDC hdc,INT iXpt,INT iXpt,INT iColor,INT iBound)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    iXpt (I) X位置(0〜639〜1024)[dot]
    iXpt (I) Y位置(0〜479〜768)[dot]
    iColor (I) 塗装色番号 (0〜7〜15) Color
    iBound (I) 境界色番号 (0〜7〜15) Bound
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例   GrpCls(hdc);
    GrpLine(hdc,100,100,200,200,RGB(255,0,0),0);
    GrpPaint(hdc,110,120,RGB(255,0,0),RGB(255,255,0));


GrpCurDsp  Win32s Windows98 Windows2000
説明  グラフィックカーソルの表示、非表示を行います。非表示は色を背景色と同じに
    することにより行います。
書式  
VOID  GrpCurDsp(HDC hdc,INT iYpt,INT iXpt,INT iColor)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    iXpt (I) 表示行位置
    iYpt (I) 表示桁位置
    iColor (I) 表示色
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例    GrpCls(hdc);
    GrpCurDsp(hdc,10,10,RGB(255,255,255));


GrpPrintD  Win32s Windows98 Windows2000
説明  整数値を文字列に変換して画面に表示します。
書式  
VOID  GrpPrintD(HDC hdc,LONG lBin,INT iByte,INT iYpt,INT iXpt,INT iCl1,INT iCl2,INT font)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    lBin (I) 表示する整数値
    iByte (I) 表示桁数
    iYpt (I) 表示行位置
    iXpt (I) 表示桁位置
    iCl1 (I) 表示色
    iCl2 (I) 背景色 
    iFont (I) 表示に使用する書体 デフォルトFF_ROMAN
          FF_ROMAN:明朝体 FF_MODERN:ゴシック体
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例  GrpPrintD(hdc,(long)(j+1),3,y,x,CLR_CYAN,BCR,FF_MODERN);
   GrpPrnAtt(hdc,"= ",y,x+3,CLR_CYAN,BCR,8,FF_MODERN);


GrpPrintF  Win32s Windows98 Windows2000
説明  実数(浮動小数点)を文字列に変換して画面に表示します。
書式  
VOID  GrpPrintF(HDC hdc,double dBin,INT iByte,INT iPoint,INT iYpt,INT iXpt,
                INT iCl1,INT iCl2,INT iFont)
パラメータ
   hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
   dBin (I) 表示する浮動小数点数
   iByte (I) 表示桁数
   iPoint (I) 小数点以下の桁数
   iYpt (I) 表示行位置
   iXpt (I) 表示桁位置
   iCl1 (I) 表示色
   iCl2 (I) 背景色 
   iFont (I) 表示に使用する書体 デフォルトFF_ROMAN
         FF_ROMAN:明朝体 FF_MODERN:ゴシック体
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例   if (sDkubun == 2 && cIkyoku[0] == '-')
     GrpPrintF(hdc,(double)fTdmA[sNkai][sNcunt + sNend - 60],
      6,2,sNyy,sNxxx,CLR_YELLOW,CLR_DARKCYAN,FF_MODERN);


GrpPrnAtt  Win32s Windows98 Windows2000
説明   文字列を画面に表示します。表示位置の指定はテキスト座標で行います。
書式  
VOID  GrpPrnAtt(HDC hdc,char cWork[],INT iYpt,INT iXpt,INT iCl1,INT iCl2,
                 INT iByte,INT iFont)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    cWork[] (I) 表示する文字列
    iYpt (I) 表示行位置
    iXpt (I) 表示桁位置
    iCl1 (I) 表示色
    iCl2 (I) 背景色
    iByte (I) 表示文字数
    iFont (I) 表示に使用する書体 デフォルトFF_ROMAN
          FF_ROMAN:明朝体 FF_MODERN:ゴシック体
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例   GrpPrnAtt(hdc,cIkname[sNkoteif],5,10,CLR_YELLOW,CLR_BLUE,8,FF_ROMAN);
   GrpPrnAtt(hdc,"工程 ",5,18,CLR_YELLOW,CLR_BLUE,5,FF_ROMAN);
   GrpPrnAtt(hdc,"ファイル名・パターンセット",
     4,3,CLR_YELLOW,CLR_BLUE,26,FF_ROMAN);
   GrpPrnAtt(hdc,"[ESC] で戻る",4,29,CLR_BLUE,CLR_PALEGRAY,12,FF_ROMAN);


GrpPrnFnt  Win32s Windows98 Windows2000
説明  文字列を画面に表示します。表示位置の指定はテキスト座標で行います。
    書体はフォント名で指定します。
書式  
VOID  GrpPrnFnt(HDC hdc,CHAR cWork[],INT iYpt,INT iXpt,INT iCl1,INT iCl2,INT iByte,
                 CHAR cFont)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    cWork[] (I) 表示する文字列
    iYpt (I) 表示行位置
    iXpt (I) 表示桁位置
    iCl1 (I) 表示色
    iCl2 (I) 背景色
    iByte (I) 表示文字数
    cFont (I) 表示に使用するフォント名

戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例  GrpPrnFnt(hdc,cIkname[sNkoteif],5,10,CLR_YELLOW,CLR_BLUE,8,
     "DF中丸ゴシック体");
   GrpPrnFnt(hdc,"工程 ",5,18,CLR_YELLOW,CLR_BLUE,5,"DF中丸ゴシック体");
   GrpPrnFnt(hdc,"ファイル名・パターンセット",4,3,CLR_YELLOW,
     CLR_BLUE,26,"MS ゴシック");
   GrpPrnFnt(hdc,"[ESC] で戻る",4,29,CLR_BLUE,CLR_PALEGRAY,12,
     "DF中丸ゴシック体");


GrpPrint  Win32s Windows98 Windows2000
説明   文字列を画面に表示します。表示位置の指定はグラフィック座標で行います。
    フォントの大きさの指定が可能です。
書式  
VOID  GrpPrint(HDC hdc,CHAR cWork[],INT iXpt,INT iYpt,double dMx,double dMy,
               INT iColor,INT iFont)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    cWork[] (I) 表示する文字列 String
    iXpt (I) 文字左上X座標(0〜639〜)[dot]
    iYpt (I) 文字左上Y座標(0〜399〜)[dot]
    dMx (I) X方向の倍率(0,1〜) Magification-X
    dMy (I) Y方向の倍率(0,1〜) Magification-Y
         ※倍率が 0 の場合は1/4角
    iColor (I) 表示色 Color
    iFont (I) 表示に使用する書体 デフォルトFF_ROMAN
          FF_ROMAN:明朝体 FF_MODERN:ゴシック体
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例   GrpPrint(hdc,"形材測色データ変換",50,12,2.5,2.5,(int)RGB(255,255,255),FF_ROMAN);
   GrpPrint(hdc,"Lotus 1-2-3 CSV File",350,12,2.5,2.5,(int)RGB(255,255,64),FF_ROMAN);
   GrpPrint(hdc,"測色日付 = ",50,80,2.5,2.5,(int)RGB(255,255,255),FF_ROMAN);


GrpSymbol  Win32s Windows98 Windows2000
説明   文字列をグラフィック表示します。
書式  
VOID  GrpSymbol(HDC hdc,CHAR *cString,INT iXp,INT iYp,double dXs,double dYs,
                  INT iCr,INT iFw,INT iIt,INT iUd,INT iPt,INT iFn,CHAR *cFc)

パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    *cString (I) 文字列 String
    iXp (I) 文字左上x座標(0〜639〜)[dot]
    iYp (I) 文字左上y座標(0〜399〜)[dot]
    dXs (I) x倍率(0,1〜) Magification-X
    dYs (I) y倍率(0,1〜) Magification-Y ※倍率が 0 の場合は1/4角
    iCr (I) 表示色
    iFw (I) フォント幅
    iIt (I) イタリック指定
    iUd (I) 下線指定
    ipt (I) 可変ピッチ
    iFn (I) 書体 FF_ROMAN:明朝体 FF_MODERN:ゴシック体
    *cFc (I) フォント名文字列

戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例  for (j=0; j<5; j++)
   {
    GrpSymbol(hdc,"北陸の私鉄 H.SUWA",280+j,600+j,3.2,3.0,
     (int)RGB(128,64,32),400,FALSE,FALSE,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF隷書体");
    GrpSymbol(hdc,"北陸の私鉄 H.SUWA",280,600,3.2,3.0,
     (int)RGB(255,196,128),400,FALSE,FALSE,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF隷書体");
   }

例では"北陸の私鉄 H.SUWA"を隷書体で刻印文字のように表示します。

フォント幅
 FW_DONTCARE 0 デフォルトのフォント幅となる
 FW_THIN 100
 FW_EXTRALIGHT 200
 FW_LIGHT 300
 FW_NORMAL 400 標準フォント幅
 FW_MEDIUM 500
 FW_SEMIBOLD 600
 FW_BOLD 700
 FW_EXTRABLD 800
 FW_HEAVY 900
 *直接数値を入力しても良い。450などは不可

イタリック指定 イタリックを指定する場合 TRUE (1) しない場合 FALSE (0)
下線指定    下線を指定する場合 TRUE (1) しない場合 FALSE (0)
可変ピッチ   DEFAULT_PITCH FIXED_PITCH VARIABLE_PITCH から選択
書体 FF_DECORATIVE FF_DONTCARE FF_MODERN FF_ROMAN
FF_SCRIPT FF_SWISSから選択
          (FF_ROMAN:明朝体 FF_MODERN:ゴシック体)

可変ピッチ、書体より次のフォント名で指定したものが優先される。
フォント名
エクスプローラで Windows\fonts の中のフォント名を文字列としてセットする。


GrpSymbolEX  Win32s Windows98 Windows2000
説明   文字列をグラフィック表示します。背景色で塗り潰してから描きます。
書式  
VOID  GrpSymbolEx(HDC hdc,CHAR *cString,INT iXp,INT iYp,double dXs,
   double dYs,INT iCr1, INT iCr2,INT iFw,INT iIt,INT iUd,INT iPt,INT iFn,CHAR *cFc)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    *cString (I) 文字列 String
    iXp (I) 文字左上x座標(0〜639〜)[dot]
    iYp (I) 文字左上y座標(0〜399〜)[dot]
    dXs (I) x倍率(0,1〜) Magification-X
    dYs (I) y倍率(0,1〜) Magification-Y ※倍率が 0 の場合は1/4角
    iCr1 (I) 表示色
    iCr2 (I) 表示色
    iFw (I) フォント幅
    iIt (I) イタリック指定
    iUd (I) 下線指定
    ipt (I) 可変ピッチ
    iFn (I) 書体 FF_ROMAN:明朝体 FF_MODERN:ゴシック体
    *cFc (I) フォント名文字列

戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例  GrpSymbolEx(hdc,"北陸の私鉄 H.SUWA",280+j,600+j,3.2,3.0,CLR_WHITE,
    (int)RGB(96,64,32),400,FALSE,FALSE,FIXED_PITCH,FF_MODERN,
    "DF中丸ゴシック体");

例では"北陸の私鉄 H.SUWA"をDF中丸ゴシック体で表示します。

フォント幅
 FW_DONTCARE 0 デフォルトのフォント幅となる
 FW_THIN 100
 FW_EXTRALIGHT 200
 FW_LIGHT 300
 FW_NORMAL 400 標準フォント幅
 FW_MEDIUM 500
 FW_SEMIBOLD 600
 FW_BOLD 700
 FW_EXTRABLD 800
 FW_HEAVY 900
 *直接数値を入力しても良い。450などは不可

イタリック指定 イタリックを指定する場合 TRUE (1) しない場合 FALSE (0)
下線指定    下線を指定する場合 TRUE (1) しない場合 FALSE (0)
可変ピッチ   DEFAULT_PITCH FIXED_PITCH VARIABLE_PITCH から選択
書体 FF_DECORATIVE FF_DONTCARE FF_MODERN FF_ROMAN
FF_SCRIPT FF_SWISSから選択
          (FF_ROMAN:明朝体 FF_MODERN:ゴシック体)

可変ピッチ、書体より次のフォント名で指定したものが優先される。
フォント名
Windows\fonts の中のフォント名を文字列としてセットする。


GrpPrnFntD  Win32s Windows98 Windows2000
説明   整数値を文字列に変換して画面に表示します。
書式  
VOID  GrpPrnFntD(HDC hdc,LONG lBin,INT iByte,INT iYpt,INT iXpt,
                 INT iCl1,INT iCl2,CHAR cFont)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    lBin (I) 表示する整数値
    iByte (I) 表示桁数
    iYpt (I) 表示行位置
    iXpt (I) 表示桁位置
    Cl1 (I) 表示色
    iCl2 (I) 背景色 
    *cFont (I) 表示に使用するフォント名

戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例  GrpPrnFntD(hdc,(long)(j+1),3,y,x,CLR_CYAN,BCR,"DF中丸ゴシック体");
   GrpPrnFnt(hdc,"= ",y,x+3,CLR_CYAN,BCR,8,"DF中丸ゴシック体");


GrpPrnFntF  Win32s Windows98 Windows2000
説明   実数(浮動小数点)を文字列に変換して画面に表示します。
書式  
VOID  GrpPrintF(HDC hdc,double dBin,INT iByte,INT iPoint,INT iYpt,INT iXpt,
                
INT iCl1,INT iCl2,CHAR cFont)
パラメータ
    hdc (I) 表示装置構成ハンドル Handle of Device Context
    dBin (I) 表示する浮動小数点数
    iByte (I) 表示桁数
    iPoint (I) 小数点以下の桁数
    iYpt (I) 表示行位置
    iXpt (I) 表示桁位置
    iCl1 (I) 表示色
    iCl2 (I) 背景色 
    *cFont (I) 表示に使用するフォント名
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例  if (sDkubun == 2 && cIkyoku[0] == '-')
   GrpPrnFntF(hdc,(double)fTdmA[sNkai][sNcunt + sNend - 60],
       6,2,sNyy,sNxxx,CLR_YELLOW,CLR_DARKCYAN,"DF中丸ゴシック体");


GrpBeep  Win32s Windows98 Windows2000
説明  ブザーを鳴らす Windows95とWindowsNTでは MessageBeep関数の動作が異なる
    ため98(95,Me)か2000(NT)かをチェックすます。
書式  
VOID  GrpBeep(INT iTime)
パラメータ
    iTime (I) 鳴らす時間
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例  if (DosOpen(work2,&iNfhd3,&rf,0L,0L,0x12,0x20c1,0L) != 0)
   {
    GrpBeep(20);
    return;
   }


DosOpen  Win32s Windows98 Windows2000

説明  ファイルをオープンします。設定するパラメータはOS/2のツールキット関数と
     互換になっています。
書式  
INT  DosOpen(CHAR cWork[],HANDLE *hFile,LONG *dm1,LONG dm2,LONG lAtt,
               LONG lFlag ,LONG lMode,LONG dm3)
パラメータ
    cWork[]  (I) ファイルを読込むポインタ
    *hFile (O) ファイルハンドル
    *dm1  (O) OS/2互換のため  未使用
    dm2 (I) OS/2互換のため使用しない 常にNULLをセット
    lAtt (I) ファイル属性
       0: FILE_ATTRIBUTE_NORMAL    属性なし
       1: FILE_ATTRIBUTE_READONLY    読み取り専用
       2: FILE_ATTRIBUTE_HIDDEN    隠しファイル
       4: FILE_ATTRIBUTE_SYSTEM システムFile
       32: FILE_ATTRIBUTE_ARCHIVE アーカイブ
            それ以外の場合、属性なしとなります。
    lFlag (I) 存在、非存在時の処理
       0: OPEN_EXISTING 0x00 存在すればOpen 無ければ失敗
       1: OPEN_EXISTING 0X01 存在すればOpen 無ければ失敗
       2: TRUNCATE_EXISTING 0X02 存在すれば置換 無ければ失敗
       16: CREATE_NEW 0X10 存在すれば失敗 無ければ作成
       17: OPEN_ALWAYS 0X11 存在すればOpen 無ければ作成
       18: CREATE_ALWAYS 0X12 存在すれば置換 無ければ作成
    lMode (I) アクセス・共有許可モード
       0x20c0: FILE_SHARE_READ | FILE_SHARE_WRITE; 共有OK
           GENERIC_READ; 読み取り専用アクセス
       0x20c1: FILE_SHARE_READ | FILE_SHARE_WRITE; 共有OK
           GENERIC_WRITE; 書き込み専用アクセス
       0x20c2: FILE_SHARE_READ | FILE_SHARE_WRITE; 共有OK
           GENERIC_READ | GENERIC_WRITE;   読み書きとも可能
       0x2080: FILE_SHARE_READ;   共有:読み込みのみ許可
           GENERIC_READ;   読み取り専用アクセス
       0x2081: FILE_SHARE_READ;   共有:読み込みのみ許可
           GENERIC_WRITE;   書込み専用アクセス
       0x2082: FILE_SHARE_READ;   共有:読み込みのみ許可
           GENERIC_READ | GENERIC_WRITE;  読み書きとも可能
    dm3 (I) OS/2互換のため使用しない 常にNULLをセット

戻り値 オープンに成功した場合は0を、失敗した場合は1を返します。
インクルードファイル TPP1000.H
例  HANDLE hHand1;
   LONG rf;
if (DosOpen("KIHONDAT.DAT",&hHand1,&rf,0L,0L,0x12,0x20c1,0L) != 0) return;
DosWrite(hHand1,"北陸の私鉄 H.SUWA",22,&rf);
DosClose(hHand1);


DosSetFilePtr  Win32s Windows98 Windows2000
説明  ファイルポインタを移動します。設定するパラメータはOS/2のツールキット関数と
    互換になっています。通常はAPI関数SetFilePointerを使用します。
書式  
INT  DosSetFilePtr(HANDLE hFile,LONG lByte,DWORD dwMove,LONG *lSize)
   
INT  DosChgFilePtr(HANDLE hFile,LONG lByte,DWORD dwMove,LONG *lSize) 古いOS/2
      どちらも使用可能です。
パラメータ
    hFile (I)ファイルハンドル
    lByte (I)移動するバイト数
    dwMove (I)移動する基準点
    lSize (O)実際に移動したバイト数
戻り値 ポインタの移動に成功した場合は0を、失敗した場合は1を返します。
インクルードファイル TPP1000.H
例  HANDLE hHand1;
   LONG rf,pt;
   if (DosOpen("KIHONDAT.DAT",&hHand1,&rf,0L,0L,0x12,0x20c1,0L) != 0) return;
    DosSetFilePtr(hHand1,0L,0,&pt);
   DosWrite(hHand1,"北陸の私鉄 H.SUWA",22,&rf);
   DosClose(hHand1);


DosRead  Win32s Windows98 Windows2000
説明  ファイルからデータを読込みます。設定するパラメータはOS/2のツールキット関数
    と互換になっています。通常はAPI関数ReadFileを使用します。
書式  
INT  DosRead(HANDLE hFile,CHAR cWork[],INT iByte,ULONG *ulSize)

パラメータ
    hFile (I) ファイルハンドル
    cWork[] (I) 読込む変数のポインタ
    iByte (I) 読込むバイト数
    ulSize (O) 実際に読込んだサイズ

戻り値 データの読込みに成功した場合は0を、失敗した場合は1を返します。
インクルードファイル TPP1000.H
例  HANDLE hHand1;
   LONG rf,pt;
   CHAR work[30];
   if (DosOpen("KIHONDAT.DAT",&hHand1,&rf,0L,0L,0x01,0x20c0,0L) != 0) return;
   DosSetFilePtr(hHand1,0L,0,&pt);
   DosRead(hHand1,work,22,&rf);
   DosClose(hHand1);


DosWrite  Win32s Windows98 Windows2000
説明  ファイルにデータを書き込みます。設定するパラメータはOS/2のツールキット関数
    と互換になっています。通常はAPI関数WriteFileを使用します。
書式  
INT  DosWrite(HANDLE hFile,CHAR cWork[],INT iByte,ULONG *ulSize)
パラメータ
    hFile (I) ファイルハンドル
    cWork[] (I) 書き込む変数のポインタ
    iByte (I) 書き込むバイト数
    *ulSize (O) 実際に書き込んだサイズ

戻り値 データの書き込みに成功した場合は0を、失敗した場合は1を返します。
インクルードファイル TPP1000.H
例  HANDLE hHand1;
   LONG rf,pt;
   CHAR work[30];
   memcpy(work,"北陸の私鉄 H.SUWA",14);
   if (DosOpen("KIHONDAT.DAT",&hHand1,&rf,0L,0L,0x01,0x20c0,0L) != 0) return;
   DosSetFilePtr(hHand1,0L,0,&pt);
   DosWrite(hHand1,work,14,&rf);
   DosClose(hHand1);


DosClose  Win32s Windows98 Windows2000
説明  ファイルにデータを書き込みます。設定するパラメータはOS/2のツールキット関数
    と互換になっています。通常はAPI関数CloseHandleを使用します。
書式  
INT  DosClose(HANDLE hFile)

パラメータ
    hFile (I) ファイルハンドル

戻り値 ファイルのクローズに成功した場合は0を、失敗した場合は1を返します。
インクルードファイル TPP1000.H
例  HANDLE hHand1;
   LONG rf,pt;
   CHAR work[30];
   memcpy(work,"北陸の私鉄 H.SUWA",14);
   if (DosOpen("KIHONDAT.DAT",&hHand1,&rf,0L,0L,0x01,0x20c0,0L) != 0) return;
    DosSetFilePtr(hHand1,0L,0,&pt);
   DosWrite(hHand1,work,14,&rf);
   DosClose(hHand1);


DosFgets  Win32s Windows98 Windows2000
説明  ファイルにデータを読込みます。文字の読込みは最初の改行文字(\n)が現れるか、
    ファイルの終端に達するか、あるいは読込んだ文字数が指定文字数に達するか、いず
    れか最初のものまで行われます。結果は文字列に格納され、null文字('\0')'が付加され
    ます。改行文字は、読込まれると文字列に格納されます。標準関数fgetsと互換にな
    っています。
書式  
INT  DosFgets(CHAR[] cWork[],INT iByte,HANDLE hFile)
パラメータ
    cWork[] (I) 読む込む文字列のポインタ
    iByte (I) 最大読込み文字数
    hFile (I)ファイルハンドル
戻り値 読込みに成功した場合、読込んだ文字数を返します。失敗した場合は0を返します。
インクルードファイル TPP1000.H
例  HANDLE hHand1;
   LONG rf;
   CHAR work[300];
   if (DosOpen("KIHONDAT.DAT",&hHand1,&rf,0L,0L,0x01,0x20c0,0L) != 0) return;
   n = DosFets(work,256,hHand1);
   GrpPrnAtt(work,10,10,CLR_WHITE,CLR_BLUE,n,FF_MODERN);
   DosClose(hHand1);


DosDateTime  Win32s Windows98 Windows2000
説明  システム日付、時刻を文字列にセットします。null文字はセットされません。
    日付  1998/11/11
    時刻 10:25:30

書式  
VOID  DosDateTime(UCHAR ucDate[],UCHAR ucTime[])
パラメータ
    ucDate[] (O) 日付の文字列のポインタ 配列は11文字以上確保する。
    ucTime[] (O) 時刻の文字列のポインタ 配列は9文字以上確保する。
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例  UCHAR Date[12];
   UCHAR Time[10];
   DosDateTime(Date,Time);
   GrpPrnAtt(Date,10,10,CLR_WHITE,CLR_BLUE,10,FF_MODERN);
   GrpPrnAtt(Time,10,22,CLR_WHITE,CLR_BLUE,8,FF_MODERN);


DosFileTime  Win32s Windows98 Windows2000
説明  ファイルの最終修正日付時刻を文字列にセットします。null文字はセットされません。
    日付  YYYY/MM/DD 1998/11/11
    時刻 HH:MM:SS 10:25:30

書式  
VOID  DosFileTime(CHAR cFname[],UCHAR ucDate[],UCHAR ucTime[])
パラメータ
    cFname[] (I) 調べたいファイルのファイル名を指定します。
    ucDate[] (O) 日付の文字列のポインタ 配列は11文字以上確保する。
    ucTime[] (O) 時刻の文字列のポインタ 配列は9文字以上確保する。
戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例  UCHAR Date[12];
   UCHAR Time[10];
   DosFileTime("COLCOD.DAT",Date,Time);
   GrpPrnAtt(Date,10,10,CLR_WHITE,CLR_BLUE,10,FF_MODERN);
   GrpPrnAtt(Time,10,22,CLR_WHITE,CLR_BLUE,8,FF_MODERN);


DosFileOpen  Win32s Windows98 Windows2000
説明 ファイルを最もよく使うモードでオープンします。オープンモードは
   ファイル属性なし、
   ファイルが存在すればオープン、無ければ失敗
   ファイルの共有、フルアクセス可
   読み書き両用モード

書式  
INT  DosFileOpen(CHAR cFname[],HANDLE *hFile)
パラメータ
    cFname[] (I) ファイル名
    *hFile (O) ファイルハンドル
戻り値 オープンに成功すると0を返します。失敗すると0以外を返します。
インクルードファイル TPP1000.H
例  HANDLE hHand1;
   LONG rf,pt;
   CHAR work[30];
   if (DosFileOpen("KIHONDAT.DAT",&hHand1) != 0) return;
   DosSetFilePtr(hHand1,0L,0,&pt);
   DosRead(hHand1,work,22,&rf);
   DosClose(hHand1);


DosLogFile  Win32s Windows98 Windows2000
説明  ファイルにデバッグログを書込みます。
書式  
INT  DosLogFile(CHAR cFname[],CHAR cWork[],INT iByte)
パラメータ
    cFname (I) ファイル名
    cWork[] (I) 書き込む変数のポインタ
    iByte (I) 書き込むバイト数

戻り値 データの書き込みに成功した場合は0を、失敗した場合は1を返します。
インクルードファイル TPP1000.H
例  LONG rf,pt;
   CHAR work[30];
   memcpy(work,cKataban,9);
   DosLogFile("TEST1.LOG",cKataban,9);

1行目にファイルの作成日付と時刻が書き込まれ。2行目から指定した変数の内容が書き込
まれます。


BinToAscii  Win32s Windows98 Windows2000
説明  数値を指定したフォーマットで文字列に変換します。

書式  
INT  BinToAscii(CHAR *cType,INT ilen,INT iUpn,CHAR cFormat[],INT *iBin,CHAR cWork[])
パラメータ
    *cType  (I) 変換されるバイナリのタイプ
    ilen (I) 出力エリア桁数
    iUpn (I) 小数点以下有効桁数 (0〜8)
    cFormat[] (I) 変換時フォーマット
      [0] '0'.符号なし    '1'.符号あり
      [1] '0'.不要な0' '    '1'.'0'
      [2] '0'.右詰め    '1'.左詰め
      [3] '0'.NULLセットなし   '1'.NULLセットあり
    *iBin (I) 数値データ
    cWork[] (O) 変換結果をセットする文字列のポインタ

戻り値 変換に成功すると0を返します。失敗すると0以外を返します。
インクルードファイル TPP1000.H
例  DosChgFilePtr(iNfhd2,((long)k - 1) * (long)sizeof(Ad),0,&pt);
   DosRead(iNfhd2,(CHAR*)&Ad,sizeof(Ad),&rf);
   memcpy(cWorkbuf,Ad.Kacode,4);
   cWorkbuf[4] = 0;
   n = atoi(cWorkbuf);
   BinToAscii("SI",4,0,"0000",(int *)&n,sNstt[k]);
   memcpy(cWorkbuf,Ad.Yaku,4);
   cWorkbuf[4] = 0;


BcdToHex Win32s Windows98 Windows2000
説明   0x0000〜0xFFFFの範囲の数値を16進数字列に変換します。
    シーケンサーへの書込に使用します。
書式  
VOID  BcdToHex(INT bin,CHAR cWork[])
パラメータ
    Bin (I) 数値データ
    cWork[] (O) 変換結果をセットする文字列のポインタ

戻り値 変換に成功すると0を返します。失敗すると0以外を返します。
インクルードファイル TPP1000.H
例  CommOpen(0,9600,EVENPARITY,7,TWOSTOPBITS,1,1,200,200);
   n = 15;
   BcdToHex(n,work);
   CommWrite(hComm[0],work,4,&byte);
   CommClose(hComm[0]);


AsciiToSjis Win32s Windows98 Windows2000
説明   半角の英数字の文字列を全角文字列に変換します。

書式  
VOID  AsciiToSjis(CHAR *cWork1,CHAR *cWork2,INT n, INT fg )
パラメータ
    *cWork1 (I) 変換する半角文字をセットする文字列のポインタ
    *cWork2 (O) 変換された全角文字をセットする文字列のポインタ
    n (I) 変換する半角文字列の文字数
    fg (I) 0:文字列の終わりにNULLをセットしない 1:NULLをセットする

戻り値  常に0を返します。
インクルードファイル TPP1000.H
例   DosChgFilePtr(iNfhd2,((long)k - 1) * (long)sizeof(Colset),0,&pt);
   DosRead(iNfhd2,(CHAR*)&Colset,sizeof(Colset),&rf);
   AsciiToSjis(Colset.colcd,work,3,1);
   GrpSymbol(hdc,work,614,58,2.0,1.6,CLR_GREEN,
   500,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF細丸ゴシック体");


ProgExec Win32s Windows98 Windows2000
説明   プログラム実行モジュールを起動します。

書式  
BOOL  ProgExec(CHAR *cName, DWORD *pid, BOOL bwin )
パラメータ
    *cName (I) 実行モジュールのパス名ファイル名文字列のポインタ
    *pid (O) 終了するためのプロセスIDを保管する変数のポインタ
    bwin (I) TRUE:画面表示 FALSE:画面なし

戻り値 成功するとTRUEを失敗するとFALSEを返します。

インクルードファイル TPP1000.H

例  DWORD dwPid; // グローバル変数
   INT tim = 0;
   INT MainProc(hdc)
   {
    tim++;
    if (tim == 50)
    ProgExec("TML2000.EXE",&dwPid,TRUE);
    if (tm1 == 100)
    ProgDown(&dwPid);
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   }


ProgDown Win32s Windows98 Windows2000
説明   ProgExecで起動したプログラム実行モジュールを終了します。

書式  
BOOL  ProgDown( DWORD *pid )
パラメータ
    *pid (O) 退避させたプロセスIDを保管している変数のポインタ

戻り値 常に0を返します。

インクルードファイル TPP1000.H

例 DWORD dwPid; // グローバル変数
  INT tim = 0;
  INT MainProc(hdc)
  {
   tim++;
   if (tim == 50)
   ProgExec("TML2000.EXE",&dwPid,TRUE);
   if (tm1 == 100)
   ProgDown(&dwPid);
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  }


CommOpen  Win32s Windows98 Windows2000
説明  シリアル通信回線を指定したパラメータでオープンします。ファイルハンドルを
    返します。失敗するとNULLを返します。
書式  
HANDLE  CommOpen(INT n,INT bps,BYTE pari,BYTE dbit,BYTE sbit,INT dtr,INT rts,
                   
INT rtim,INT wtim)

パラメータ n (I) ポート 0〜8
      bps (I) 通信速度ボーレイト
      pari (I) パリティビット NOPARITY EVENPARITY ODDPARITY
      dbit (I) データビット 7 8
      sbit (I) ストップビット ONESTOPBIT ONE5STOPBITS TWOSTOPBITS
      dtr (I) DTR制御 0:off 1:on
      rts (I) RTS制御 0:off 1:on
      rtim (I) 受信タイムアウト msec
      wtim (I) 送信タイムアウト msec

戻り値 なし
インクルードファイル TPP1000.H
例 // 通信回線1オープン
  hComm1 = CommOpen(0,9600,EVENPARITY,8,TWOSTOPBITS,1,1,200,200);
  CommRead(hComm1,cWorkbuf,0,&byte);
  if (byte != 0)
  {
   cWorkbuf[byte] = 0;
   GrpSymbol(hdc,cWorkbuf,100,100,2.0,1.6,CLR_BLUE,
   500,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
  }
  CommClose(hComm1);


CommClose  Win32s Windows98 Windows2000
説明  シリアル通信回線をクローズします。
書式  
BOOL  CommClose(HANDLE hcom)

パラメータ hcom (I) 通信ポートへのハンドル
      戻り値 0:成功 1:失敗
インクルードファイル TPP1000.H
例 // 通信回線1オープン
  hComm1 = CommOpen(0,9600,EVENPARITY,8,TWOSTOPBITS,1,1,200,200);
  CommRead(hComm1,cWorkbuf,0,&byte);
  if (byte != 0)
  {
   cWorkbuf[byte] = 0;
   GrpSymbol(hdc,cWorkbuf,100,100,2.0,1.6,CLR_BLUE,
    500,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
  }
  CommClose(hComm1);


CommBufInit  Win32s Windows98 Windows2000
説明  シリアル通信回線のバッファをクリア、初期化します。
書式  
VOID  CommBufInit(HANDLE hcom)

パラメータ hcom (I) 通信ポートへのハンドル
戻り値  なし
インクルードファイル TPP1000.H
例 // 通信回線1オープン
  hComm1 = CommOpen(0,9600,EVENPARITY,8,TWOSTOPBITS,1,1,200,200);
  CommBufInit(hComm1);
  CommWrite(hComm1,"北陸の私鉄 H.SUWA",0,&byte);
  CommClose(hComm1);


CommReceive  Win32s Windows98 Windows2000
説明  シリアル通信回線からデータを読込みます。受信するまで戻って来なくなるので
    必ず子スレッドで実行してください。
書式  
BOOL  CommReceive(HANDLE hcom, CHAR *buf,INT size,ULONG *byte)

パラメータ hcom (I) ファイルハンドル
      buf[] (I) 送信文字列のポインタ
      size (I) 受信文字数
      *byte (O) 受信したバイト数
戻り値  0:成功 1:失敗
インクルードファイル TPP1000.H
例  略


CommRead  Win32s Windows98 Windows2000
説明  シリアル通信回線からデータを読込みます。
書式  
BOOL  CommRead(HANDLE hcom, CHAR *buf,INT size,ULONG *byte)
パラメータ hcom (I) 通信ポートへのハンドル
      *buf (I) 送信文字列のポインタ
      size (I) 受信文字数
      *byte (O) 受信したバイト数
戻り値  0:成功 1:失敗
インクルードファイル TPP1000.H
受信文字数に0をセットすると関数内で文字数を取得してセットします。
例 // 通信回線1オープン
  hComm1 = CommOpen(0,9600,EVENPARITY,8,TWOSTOPBITS,1,1,200,200);
  CommRead(hComm1,cWorkbuf,0,&byte);
  if (byte != 0)
  {
   cWorkbuf[byte] = 0;
   GrpSymbol(hdc,cWorkbuf,100,100,2.0,1.6,CLR_BLUE,
   500,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
  }
  CommClose(hComm1);


CommWrite  Win32s Windows98 Windows2000
説明  シリアル通信回線へデータを書き込みます。
書式  
BOOL  CommWrite(HANDLE hcom, CHAR *buf,INT size,ULONG *byte)

パラメータ hcom (I) 通信ポートへのハンドル
      *buf (I) 送信文字列のポインタ
      size (I) 送信文字数
      *byte (O) 送信したバイト数

戻り値  0:成功 1:失敗
インクルードファイル TPP1000.H
受信文字数に0をセットすると関数内で文字数を取得してセットします。
例 // 通信回線1オープン
  hComm1 = CommOpen(0,9600,EVENPARITY,8,TWOSTOPBITS,1,1,200,200);
  CommWrite(hComm1,"北陸の私鉄 H.SUWA",0,&byte);
  CommClose(hComm1);


CommSize  Win32s Windows98 Windows2000
説明  シリアル通信回線から受信バイト数を取り出す。
書式  
BOOL  CommSize(HANDLE hcom, DWORD *size )

パラメータ hcom (I) 通信ポートへのハンドル
      *size (O) 受信したバイト数

戻り値  0:成功 1:失敗
インクルードファイル TPP1000.H
例 // 通信回線1オープン
  hComm2 = CommOpen(1,9600,EVENPARITY,8,TWOSTOPBITS,1,1,200,200);
  CommSize(hComm2,&size)
  if (size != 0)
  {
   RSread(hComm2,cWorkbuf,size,&byte);
   if (byte != 0)
  {
  cWorkbuf[byte] = 0;
  GrpSymbol(hdc,cWorkbuf,100,100,2.0,1.6,CLR_BLUE,
   500,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
  CommClose(hComm2);


RSclose  Win32s Windows98 Windows2000
説明  シリアル通信回線をクローズします。 OS/2互換関数
書式  
BOOL  RSclose(HANDLE hcom)

パラメータ hcom (I) 通信ポートへのハンドル
戻り値  0:成功 1:失敗
インクルードファイル TPP1000.H
例 // 通信回線1オープン
  hComm1 = CommOpen(0,9600,EVENPARITY,8,TWOSTOPBITS,1,1,200,200);
  RSread(hComm1,cWorkbuf,0,&byte);
  if (byte != 0)
  {
   cWorkbuf[byte] = 0;
   GrpSymbol(hdc,cWorkbuf,100,100,2.0,1.6,CLR_BLUE,
   500,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
  }
  RSclose(hComm1);


RSread  Win32s Windows98 Windows2000
説明  シリアル通信回線からデータを読込みます。 OS/2互換関数
書式  
BOOL  RSread(HANDLE hcom, CHAR *buf,INT size,ULONG *byte)

パラメータ hcom (I) 通信ポートへのハンドル
      *buf (I) 受信文字列のポインタ
      size (I) 受信文字数
      *byte (O) 受信したバイト数

戻り値  0:成功 1:失敗
インクルードファイル TPP1000.H
例 // 通信回線1オープン
  hComm2 = CommOpen(1,9600,EVENPARITY,8,TWOSTOPBITS,1,1,200,200);
  RSsize(hComm2,&size)
  if (size != 0)
  {
   RSread(hComm2,cWorkbuf,size,&byte);
   if (byte != 0)
   {
    cWorkbuf[byte] = 0;
    GrpSymbol(hdc,cWorkbuf,100,100,2.0,1.6,CLR_BLUE,
     500,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
   }
  }
  RSclose(hComm2);


RSwrite  Win32s Windows98 Windows2000
説明  シリアル通信回線からデータを書込みます。 OS/2互換関数
書式  
BOOL  RSwrite(HANDLE hcom, CHAR *buf,INT size,ULONG *byte)

パラメータ hcom (I) 通信ポートへのハンドル
      *buf (I) 送信文字列のポインタ
      size (I) 受信文字数
      *byte (O) 受信したバイト数
戻り値  0:成功 1:失敗
インクルードファイル TPP1000.H
例 // 通信回線1オープン
  hComm2 = CommOpen(1,9600,EVENPARITY,8,TWOSTOPBITS,1,1,200,200);
  RSsize(hComm2,&size)
  if (size != 0)
  {
   RSwrite(hComm2,cWorkbuf,size,&byte);
   if (byte != 0)
   {
    cWorkbuf[byte] = 0;
    GrpSymbol(hdc,cWorkbuf,100,100,2.0,1.6,CLR_BLUE,
     500,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
   }
  }
  RSclose(hComm2);


RSsize  Win32s Windows98 Windows2000
説明  シリアル通信回線から受信バイト数を取り出す。 OS/2互換関数
書式  
BOOL  RSsize(HANDLE hcom, DWORD *size )

パラメータ hcom (I) 通信ポートへのハンドル
      *size (O) 受信したバイト数

戻り値  0:成功 1:失敗
インクルードファイル TPP1000.H
例 // 通信回線1オープン
  hComm2 = CommOpen(1,9600,EVENPARITY,8,TWOSTOPBITS,1,1,200,200);
  RSsize(hComm2,&size)
  if (size != 0)
  {
   RSread(hComm2,cWorkbuf,size,&byte);
   if (byte != 0)
   {
    cWorkbuf[byte] = 0;
    GrpSymbol(hdc,cWorkbuf,100,100,2.0,1.6,CLR_BLUE,
     500,0,0,FIXED_PITCH,FF_MODERN,"DF中丸ゴシック体");
   }
  }
  RSclose(hComm2);