2002/03/18 作成  2011/03/22 一部更新

 
C言語は、わずか10種類の文によってプログラムを記述してゆきます。 C言語の面白いところは、自分で自由に
関数が作れ、関数を作れば作るほど、その後の開発が楽になります。 私がC言語を始めたのは1989年41歳の時
でした
その時のC言語はMicrosoft社の Microsoft C version 5.0 でした。OSはMS-DOS ver3.0です。
  当時勤務先で使用していたマシンは、
NECPC9801と日本IBMPS55でした。 最初はテキスト表示
のみでプログラムを作っていたのですが、やはりBASICプログラムの様なカラーのグラフィックを用いたプログ
ラムを作りたいということで、Cコンパイラーに付いていたグラフィック関数ライブラリーを使用しましたが使いに
くく、よくハングしました。
 そこで1992年に発売されたアスキー社の「PC−9800シリーズ テクニカルデータブックBIOS編」を手
に入れ
N88BASIC互換のグラフィック関数を作ってPC9801では自由にグラフィックが使えるようになり
ました。IBMのPS55では、OS/2が登場し、version1.2 から本格的にプレゼンテーションマネージャー(通
称PM)が使えるようになり
PC9801用のグラフィック関数と互換のものをPMを使って作りました
 その後OSはWindows98,Windows2000、WindowsXP、Windows7と変わって行きました。

 最近書店のコンピュータコーナーを覗くと、VisualC++に関する本はMFCによる解説書がほとんどです。私のよ
うにC言語のみでC++の機能を使わないものにとって、MFCは必要ありません。またMFCを利用する統合環境
のコンパイルはDOSの時代からC言語をやってきたものにとっては、取っ付きにくいのではないかと思います。ま
た、統合環境を利用するとコンパイル後は不要な中間ファイルが沢山作られるのでこれを削除しなければならない。
Microsoft Visurl C++ ver 6.0は、Windows98のAUTOEXEC.BATの最後にVCVARS32.BATを付け加えることによって、
DOSプロンプトのコマンドラインからコンパイルをすることが可能になります。
 その後、
不要な中間ファイルなどを作らないようオプション設定して統合環境を使用するように変更しました。

Microsoft C コマンドラインで表示されるバージョンNo.と商品名

Microsoft C ver 5.0 ----------- Microsoft C ver 5.0
Microsoft C ver 6.0 ----------- Microsoft C ver 6.0
Microsoft C ver 7.0 ----------- Microsoft C/C++
Microsoft C ver 8.0 ----------- Microsoft Visual C++ ver 1.0
Microsoft C ver 9.0 ----------- Microsoft Visual C++ ver 2.0
Microsoft C ver 10.0 ---------- Microsoft Visual C++ ver 4.0
Microsoft C ver 10.2 ---------- Microsoft Visurl C++ ver 4.2
Microsoft C ver 11.0 ----------
Microsoft Visual C++ ver 5.0
Microsoft C ver 12.0 ---------- Microsoft Visual C++ ver 6.0