鉄道の日イベントで公開のダブルデッカーエキスプレス編成

稲荷町駅不二越・上滝線ホームから車両基地


 稲荷町車両基地は1969年に稲荷町工場と車庫が完成した。それまでは富山地方鉄道の車庫は上市駅と電鉄黒部駅にあった。
1985年に富山市内軌道線の車庫が千歳町から南富山に移ると、軌道線車両の定期検査場が新設されている。市内電車の塗装は
稲荷町工場で行われるため、不二越線をDL2やDL3に牽引されて往復する。
 2006年1月に鉄道センタービルが完成し、名称が稲荷町車両基地から稲荷町テクニカルセンターに変わっている。この時、
鉄道線のPTC化(自動列車運行制御装置)が行われている。
 稲荷町工場は車両の定期検査のほか、大手私鉄から購入した車両の改造工事も行っている。富山地方鉄道では京阪電気鉄道から
3000系、西武鉄道から5000系、東急電鉄から8590系を導入しているが、8590系以外は車体のみの購入だったため
JRや営団地下鉄(東京メトロ)から走行機器を購入して組み立てている。
  映画「レールウェイズ」ロケが行われた後は毎年、鉄道の日前後の休日に車両基地の公開イベントが行われている。


稲荷町駅前からアルプスエキスプレス編成と17480系

鉄道の日イベントで稲荷町に来た8000形デ8005

車両基地を発車した電鉄富山行き回送列車

鉄道の日イベント開始前の車両基地

不二越・上滝線ホームから車両基地

稲荷公園から車両基地

検収車庫

保線用陸軌作業車

デキ12021電気機関車

検収車庫のピット

鉄道センタービル

ホームから稲荷町工場

稲荷町鉄道基地案内板

鉄道センタービル案内板

車両基地入口の増結用車両

稲荷公園から稲荷町工場

アルプスエキスプレスの公開

検収車庫の10030系

検収車庫の裏側から

検収車庫の14760系

洗車機

洗車作業台

ホームからのイベント会場入口

検収車庫での講演会

鉄道用品の販売

検収車庫での鉄道模型運転会

軌道自転車乗車体験

除雪車DL-14

工場で全検の14760系

14760系の電動機

14760系のパンタグラフ

分解された14760系の台車

14760系のエアコン

工場で塗装中の7000形

DLと7017の連結

デ7017

デキ12021電気機関車の展示

工場見学前の説明会